国際ライフパートナー株式会社

国際ライフパートナー株式会社

NEWS

お知らせ

CATEGORY 「ご挨拶」の記事一覧

新年のご挨拶

2021年1月1日 09:00

令和3年 元旦

 新年あけましておめでとうございます。
 旧年中は、ひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

 さて、旧年は新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中が一変して暗い闇に包まれ、経済活動に多大な影響を及ぼすとともに、新しい生活様式が取り入れられるなど、私たちの日常生活や仕事にも大きな影響と変化を及ぼした、そんな一年でした。
そして、2021年の新年を迎え、今もなお、新型コロナウイルスは終息することなく、その感染を拡げておりますが、ワクチンの開発も急速に進み、少しの光も見えてきました。

 今年は十二支の丑年にあたり、丑年は「牛歩のようにしっかりと地に足をつけ、一歩一歩着実に進むこと」が大切だと言われています。
私は、今の積み重ねが未来をつくると考えています。だからこそ、一日一日を大切にしながら、この現状と向き合い、焦らず一歩一歩前に進んでいくことが必要だと思います。

引き続き、コロナ禍での生活は続き、今年も苦しい一年になると思いますが、皆様と共にこの苦境を乗り越え、より良い未来をつくっていきたいと考えておりますので、なにとぞ本年も格別のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

国際ライフパートナー株式会社
代表取締役 荒谷明彦

新年のご挨拶

2020年1月1日 09:00

令和2年1月吉日

 

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は、ひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

さて、旧年は「平成」から「令和」へと元号が変わり、働き方改革や消費税の増税など、皆様の生活にも様々な変化をもたらした年だった思います。

元号が変わって初めての新年を迎えた2020年は、十二支の子年にあたり、増えるという意味合いがあり、草木の生命をはじめとした命が誕生しようとする意味もあります。また、本年は、東京オリンピック・パラリンピックの開催が予定されており、様々なものが進化し、そして、日本に感動と活気をもたらす、そんな一年になることでしょう。

本年もより一層のサービス向上を目指し、社員一同誠心誠意つとめる覚悟でございます。

なにとぞ本年も格別のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

国際ライフパートナー株式会社
代表取締役 荒谷明彦

新年のご挨拶

2019年1月4日 09:45

平成31年1月吉日

 新年あけましておめでとうございます。

旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。
さて、30年続いた「平成」も残すところ、あと数ヶ月となりました。旧年は、西日本豪雨や大阪府北部地震、北海道を襲った大地震など、「災」多き一年でしたが、この先には2020年の東京オリンピックや大阪万博の開催など明るい日差しも感じた一年でした。

本年もより一層のサービス向上を目指し、社員一同誠心誠意つとめる覚悟でございます。
なにとぞ本年も格別のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

国際ライフパートナー株式会社
代表取締役 荒谷明彦

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ