宝塚市とのネーミングライツ契約について

 この度、弊社が指定管理者として管理運営する宝塚市立花屋敷グラウンドの「多目的グラウンド」のネーミングライツ契約を宝塚市と締結いたしました。弊社が納付するネーミングライツ料の一部については、宝塚市立花屋敷グラウンドの施設整備や市民サービスの向上を図るための費用として活用されます。
 弊社としては宝塚市民の皆様により良い施設環境を提供し、地域社会に貢献することを目的として本契約を締結する運びとなりました。
 本契約に基づき、平成30年4月1日より、宝塚市立花屋敷グラウンドの「多目的グラウンド」は、『ライフパートナーフィールド』となります。ロゴjpeg